「情報」に操られるのか?それとも「情報」を活用するのか?

From:石塚友人(いしつかゆひと)

僕はよく人から「素直な方ですね!」って、言われたりするのですね。

確かに、、、

素直でいたし
正直でいたし
誠実でいたし

って思うのです。

ですが、その一方で僕って結構歪んでいるなぁ〜と思う時があります。

 

例えば「知識や方法論は本やネットを見れば全て手に入る!」って、アイデアがありますよね。

僕の周りでもそんな事を言う人が多いです。

ですが、それって本当かな???と僕は思うのです。

少なからず僕が日々見ている世界だけでいうと全くこのアイデアに同意ができません。

というのも僕に日々寄せられるコーチの方たちの相談を受けていて、まず感じることが「余りにも必要なことを知らなすぎて、勿体無いなぁ〜」って、ことなのです。

 

例えば

目の前の人とアポを取る時
体験セッションをやっている時
クライアントさんとセッションをやっている時

なかなか自分の思う通りに行かないという相談を受けます。

そして状況を伺いながら、どのような考えで何を、どのようにやっているのか?を丁寧にヒアリングしていくと

「えええ、なんでそんなことをやっているの?」とか
「どうして、その順番でやっちゃうのかな?」とか
「大切なステップを思いっきり、すっ飛ばしちゃってるよ」などなど

スキルの問題の前に知っているだけで上手くいくことが沢山あったのに…本当、勿体無いよ…って、思う場面に沢山遭遇しているからです。

 

これを読んでくれている副業コーチのあなたは大丈夫ですかね?

どうでしょうか?

そして僕がここで思うのは結論から言うと「コーチの皆さんの多くが、圧倒的に知るべきことを知らなすぎる!」ってことだと思うのです。

もっというと本当に必要な知識を授けてもらえていない・・・ってことなのです。

 

これを読んでくれている副業コーチのあなたもそうは思いませんか?

多くの方は自分に対し、本当に必要な知識や情報を手にしているのではなく良く見たり、聞いたりする情報だけを信じてキャッチアップしてしまいます。

なぜなら人は数多く接したものに親近感を持つ特性があるからです。

ですがよく考えてみてください。

昨今、知識や情報には価値はない…と巷で言われれば言われるほど本当に必要な情報って表には出てこないようになっていると思うのです。

そう理解した方がより自然だとは思いませんか?

 

つまり僕が言いたいのは

知識や情報にただただコントロールされる人生を送るのか?
それとも知識や情報を自らの取捨選択によって活用する人生を送るのか?

もし、あなたがそれすらも自由に選択できるとしたならば、どちらがどれだけ良いでしょうか?って、ことなのです。

そしてもちろん後者の方が良いと、あなたは思ってくれていると思います。

であるならば、今の自分にとって最も必要な知識、情報は何なのか?

それをきちんと選択出来る「基準」を1日も早く身につけてくださいね!

では、また連絡します!

追伸:
全くのゼロから時間がなくても
副業から始めて最速・最短でクライアント獲得法はこちら
>> http://coaching-starterkit.com/online1

※ご質問、お待ちしています!
メルマガ、ブログ、Facebook配信で回答しますね^^

また、講演、講師、取材、出版、執筆ついてのお問い合わせもこちらで受け付けております。

>>https://yuhitoishitsuka.com/contact/



 
副業コーチ専門「スターターキット」オンラインプログラム ↓をクリック  
 まずは月100万円副業コーチとなり、
 いずれはコーチングで独立・起業をするための地図を手に入れる!
 メールセミナー、今だけ無料で参加できます。(↓をクリック)
ポトキャスト「石塚友人の今すぐ使えるコーチング心理学!セルフトークを変えれば人生が変わる!」↓をクリック 



※非公開facebookグループ(無料)
 月100万円を作るための副業コーチ専門予備校(↓をクリック)

 

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人(いしつかゆひと)

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!