副業コーチとしてのステート(状態)作りの鍵とは?

FROM:石塚友人
自宅のリビングにて、、、

「石塚さんはサラリーマンに向いてないよ…」

実はこれ
僕が会社員の時に上司から、
同僚から、部下から言われ続けた一言でした。

その当時の僕には、
凄く自分が否定されているような気がしました><

だってそうでしょ…

何か自分の意見を言うと、

俺たちサラリーマンなんだし、

結果を出したって給料が変わらないし、

どうせ頑張ったって上になんかなれないし、

と。。。

そんな言葉が必ず返ってくるんです。

なんだか、
仲間外れにされた
ような気分にもなりました><

そして、なんだか知らないけど、
この手の話を聞くと物凄くイラっときたんです…

だから、そんな事を
言われた僕はムキになって、

覚えたての
コーチングスキルを
使って上司を質問で追い詰めたことがありました^^;

具体的にはこんな質問を
上司に向かって使いまくったのです^^;

僕が◯◯だと
どのように分かるのですか?

それって
いつもそうなのですか?

何とくれべて
そのような事が言えるのですか?

と。。。

とにかく僕は、
気に入らないことがあると、

質問の力を使って、
自分を守ることだけにコーチングスキルを
使っていたのです…

もちろん、
中途半端にスキルを身につけていたので、

上司を打ち負かすことなど簡単でした。

そして、使えば使うほど、
「俺は、このスキルをこんなことに使いたいわけじゃないにの…」
と、自分を責め続けたこともあります。

そして、
そんなことをやるとどうなるのか?

僕は部署を外され、
3ヶ月間、部署を持たない
状態にさせられました。

簡単にいうと、、、

干されたのです><

本当に悔しい思いをしました。

そして、当時の人事担当に

「今度やったら、降格させるからな…」

とも言われたこともあります!

腹が煮え繰り返るほど、
頭にきましたが、グッとこらえたあの瞬間に

見えた会議室の壁の色、
遠くから聞こえたクレーン車の音、
体に力が入りすぎて肩こりになった感覚、

は今でも忘れることができません。

そして、あの時僕は誓ったのです。

こんな思いをするくらいなら、
早くコーチとして成功して、

こんな会社早く辞めてやる…

と。。。

まぁ、、、
今思えば、全て僕が原因だったんですけどね^^;

本当、当時の僕は未熟でした><

こうやって、
カミングアウトするのが
本当に恥ずかしいです^^;

こんな経験をしながら、
僕は自分が常に居続ける状態管理にも
注意を払うことを心がけてきました。

^^^^^^^^^^^^^^

自分の状態や常に感じている感情は
全て自分がコントロールするんだ!

^^^^^^^^^^^^^^

と、、、

僕は常にそう決めて、
毎日を送っていたつもりですが、

正直にいうと、
会社員時代にそれが出来ていたのか?

というと、決して、
出来ていたとは言えませんでした。

会社を出てからであれば、
コーチとして望む状態に
居続けることが出来たのですが、

会社にいると
途端に周りに影響を受けまくってしまう自分…

情けない話ですが、
これが僕の会社員時代の実状でした。

でも、そんな中でも
僕は自分の状態を整える努力はしてきたんです。

だから僕は、少々のストレスなら
耐えることが出来るようにもなりました^^

では、僕はどのように
自分のステート(状態)管理をしてきたのか?

それをこちらで説明をしています!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

副業コーチとしてのステート(状態)作りの鍵とは?

副業コーチにとって、
ステート(状態、感情)管理は、
もっとも気をつけたい要素の一つですよぉ〜。

では、次回もお楽しみに^^

追伸
副業コーチ専門のビジネスモデルが
今なら無料9日間セミナーを受けただけで手に入ります!
>>http://yuhitoishitsuka.com/lp/

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!