まるで、世にも奇妙な物語を見ているようです!

FROM:石塚友人
自宅のリビングにて、、、

実は、我が家で
とても不思議なことが起こっています。

本当に不思議です。

不思議というか、
僕からすると奇跡のように感じます。

なぜなら、
42年生きてきた僕には、
はじめての経験だからです。

いや、、、

はじめての経験というよりは、
今までの常識を完全に覆された
感じすらします。

「えええ、マジでかよ…」

と。。。

なんとなくですが、

狐につままれたとは、
こういう感覚なのかもしれません^^;

いったい、何が我が家で起こっているのか?

それが、、、

カブト虫がまだ活きているんです。

だって、そうっでよ。。。

今日はもう10月26日ですよ…

そろろろ、11月
に入ろうとしているのに…

本当、奇跡としか
言いようがありません。

そして、活きているカブト虫は、

たしか、今年の8月に
息子と一緒に近くの公園に
歩いて取りに行った時のものだと思います。

僕にとって
カブト虫は、昆虫の中の王様!

少し赤く光った
実に美しいボディー、

普段は大人しいけど、
ここぞと言うときには、自分の
武器をエレガントに使い、

まるで芸術のように
相手を背後へ投げ飛ばす。

見ているだけで、
僕自身が強くなったような
気分にいつもしてくれました…

僕にとってカブト虫は、
そんな存在だったのです。

その一方で、
寂しさも感じていました。

なぜなら、
彼らは長く活きてはくれなかったから…

採ってきたはいいけど、
きちんとお世話が出来なくて、
残念な結果に…

その残念さが、
嫌でいつからかカブト虫を
採ることを辞めていました><

でも、なんで
我が家のカブト虫はこんなに
長く活きられるのか?

あまりにも、
不思議なので考えてみました。

一昨年も飼っていたいたし、

昨年も飼っていた、

でも、これまでは
活きてくれても2週間くらいでした><

いったい、昨年までと今年、
飼い方のなにが違うのか?

そしたら、
昨年までとはちょっと
違ったことをやっいることに気づきました。

これが、原因かどうか、
僕は専門家じゃないから分からないけど、

今年は、
一つの虫かごに最大でも
2匹しか入れないようにして飼っていたのです。

だから、

必要以上の
カブト虫同士の争いがなかった。

ただただ、
カブト虫が生活してくのには、
とても快適だったのだと思います。

そして、僕は我が家の
カブト虫を見ながらなんとなく思ったのです。

やっぱり、
環境って大事だよなぁ…

と。。。

ただただ、
快適ならいいのか?

それとも、
不快適ならいいのか?

それとも、
両方あった方がいいのか?

それは人
それぞれかもしれませんが、

カブト虫も僕もこれまで
身を置いてきた環境によって、

今の自分があるんだなぁ〜と、

少々寒くなったのを肌で感じながら、
そんなことを考えてみました!

追伸
副業コーチが成長できる環境はこちら!
>>http://yuhitoishitsuka.com/lp/

<お知らせ>

これまで、メール相談、
無料コンサル、有料コンサルなど、
読者様の成長段階に分けて相談を受け付けてきました。

これを10月31日で
一旦終了させていただくことにしました。

理由は、幸いにして、
沢山の方からご相談を頂くようになり、

個別のスケジュール調整が
つきにくくなってしまったからです^^;

再開の目処は今のところ立っておりません。

もし、個別相談を検討されている
副業コーチの方は、10月31までに
ご連絡をくださいませ!

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!