コーチなら知っておくべき!「言語ってのは世界観の反映」です

FROM:石塚友人
自宅のリビングにて、、、

昨日、近所のカフェに行ってきました。

室内は暗くもなく、明るくもない絶妙の明るさ、
レトロな室内から流れてくる音楽はいつも僕の心を落ち着かせてくれます。

そして、そのカフェに来ているお客さんも
品の良さそうなおじいちゃん、おばあちゃんが多いように感じます。

もっと、ストレートに言うなら、お金を持っていそうなご年配の方を良く見かけるのです。

そして僕は昨日も白いオシャレなカップに注がれ、
ちょっぴりにがいホットカフェオレを注文しました。

このホットカフェオレを飲むことが僕の習慣を超えて病み付きとなっているようです…^^

その証拠に最近は席に座ると一言店員さんから、

「ホットオーレ」でいいですか?

と聞かれるほどです…^^;

そして、昨日はあることが少しだけ気になったのです。

何が気になったのかというと、、、

たしかメニューには、『ホットカフェオレ』と書いていあるのですが、

店員さんが店内用語で「ホットオーレ」と言っているのを何度も聞いているうちに、

僕の脳はあの飲み物を「ホットオーレ」とプログラミングしてたのでした。

メニューを見返してみてもたしかにそこには『ホットカフェオレ』と書いてあります。

ですが、僕の頭の中では「ホットオーレ」。

店員さんの頭の中でも「ホットオーレ」。

もし仮に、『ホットカフェオレ』が事実だとしたならば、
その事実など全く無視されてた「ホットオーレ」という言語で店員さんと僕は情報を伝達しているようです。

コミュニケーションって、本当面白いものです^^

お互いの頭の中で同じものが想像出来ていて、それが共有出来ていれば、

なんのトラブルもなく、成立してしまうわけですから…

僕独自の表現で言うと、相手が頭の中で想像しているものを

世界観

とよんでいます。

そして、相手が口から発する言語ってその世界観の反映なんだと僕は思うのです。

もし、相手が発する言語そのものが仮に世界観の反映だとするならば、

僕たちは相手そのものとコミュニケーションをとるのではなく、
もしかしたら、相手の世界観とコミュニケーションをとっている…

と表現しても良いか知れませんよね^^

僕はこのアイデアを採用してから、相手が今何を伝えようとしているのか?

目の前にいる相手が今現在ではなく、過去だったり、未来だったりを頭の中で作り出して、
何かの状態をやっているんだと思うようになりました。

この感覚、コミュニケーションの達人と呼ばれるコーチなら、必ず身につけたいスキルだと僕は思います!

こんな話をしていたら、今日も「ホットオーレ」が飲みたくなってきました!

おそらくですが、今日もそのカフェに行ってしまいそうです^^;

では、またぁ〜^^

追伸1
 年末年始にしっかり準備をして、2017年をロケットスタートさせたい副業コーチの方はこちらへ
 >>http://yuhitoishitsuka.com/lp/
追伸2
 12月28日(水)、新潟でセミナーをやることになりました!
 
申し込みはこちらへ >>https://www.facebook.com/events/548189232044262/
追伸3
 12月17日(土)、19:00〜東京都内で忘年会をやることになりました!
 僕のクライアントさん、メルマガ読者さん、メルマガに良く登場する僕の奥さんと息子も参加させていただく予定です。

ぜひ、これを読んでくれているあなたも参加してくれませんか?

この忘年会で知り合った仲間との関係が2017年のあなたのコーチングビジネスをさらに加速させてくれると思います。

申し込みはこちら
 >>https://maroon-ex.jp/fx39642/o3CF2H

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!