やり過ぎたかどうかは、やり過ぎた時にはじめて分かる!

FROM:石塚友人
自宅のリビングにて、、、

僕はもう8年間くらい日誌というものを書き続けています。

この日誌を読んでいると、ふと昨年の欄が気になりました。

そしたら、昨年の今日の欄にこんなことが書いてありました^^;

今日、車庫入れ中に車をぶつけてしまった。
この出来事から学べるレッスンは何だろうか?
おそらく俺はやり過ぎているということだろう…

確かあの日も今日のような天気だったと記憶しています。

いつも通り車庫入れをしている時、何だか後ろの方で「ゴン」と異音が聴こえたのです^^;

なんだろう…

と冷静になって、考えて、深呼吸をしました。

そして、はじめて「あああ」やってしまった

と…

その時の僕は大分、リアクションが薄く、至って冷め切っていました。

いや、、、
冷めていたなどと言ってられず、実は疲れ切ってクタクタだったのです。

あまりにも疲れていて、車をぶつけても、嫌な気持ちにすらなれませんでした。

あの頃は、副業でプロコーチをしており、クライアントさんが13人まで増え、月の残業は60時間程度だったと記憶しています。

そしてすでに、独立・起業を決断し気持ち的には、相当躍起になっていたと思います。

頭や心では、もっとやろうと思っても、体がついていかなかった…

ちょうどそんな時に起こったトラブル…

あのトラブルはおそらくですが、僕に、、、

「お前、やり過ぎてるぞ‼️」

という良いお知らせだったんだと自分勝手に意味をつけつつも、少々落ち込んだ自分を慰めていました。

そして、僕はあの時学んだのです…

何を学んだのか?
というとこんなことです…

自分の限界ってどのあたりなのか?

自分がやり過ぎている、行き過ぎているとどのようにして分かるのか?

その答えは、、、、

行き過ぎた時に、はじめて行き過ぎたことがわかるんだ!

と…

僕たちは時に、、、

でも、
出来ない、
分からない、

と自分の能力や才能を自らの選択で制限してしまうことってあるかも知れません。

ですが、何かのお知らせが届くまで、

やり過ぎたり、行き過ぎたり、

することも時には、良いことかも知れませんよ^^;

と、、、

昨年の日誌を読みながら、僕はそのようなことを考えていました!

追伸1
 副業でもいいからプロコーチになりたい方…
 こちらへ
 >>http://yuhitoishitsuka.com/lp/
追伸2
 12月28日(水)、新潟でセミナーをやることになりました!
 詳細が決まり次第、こちらでもご案内しますね^^

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!