コーチングビジネスは「副業コーチ」から始めなければいけないの?

FROM:石塚友人
自宅のリビングにて、、、

僕は副業コーチをサポートする
というポジションを取ってこの仕事をしています。

だから、、、

僕のクライアントさんたちの
多くが副業コーチたちになるのですが、

じゃ、専業のコーチの方が
クライアントさんでいないのか?

というとそんな事はありません。

今の僕が年商2000万円の
ステージだとして、

実は僕の倍以上のステージの方も
サポートをさせてもらっています。

要は副業であれ、専業であれ、
コーチングビジネスは、

ビジネス動線のどこを
キャッシュポイント(利益を生み出す)にするのか?

を考えて、そのために、

何を、
どの順番で、
どのように、

ビジネスモデルをシステム化していくのか?

がもの凄く重要な訳ですよ。

なので、副業のステージであれば、
キャッシュポイントとなるセールスから作っていくし、

すでに売上と利益がとれている方なら、
見込み客やクライアントとの関係性において、

ビジネスの動線の
どの部分を
どのように最適化するのか?

そのサイクルをぐるぐる回していく…

そんな事を繰り返しています…^^

なのでまとめると僕自身は、

副業コーチングビジネスを実践者としても経験しているし、
支援者としても経験している…

専業のコーチングビジネスを実践者としても経験しているし、
支援者としても経験している…

しかも僕は、コーチの方しか
クライアントさんにしていないので、

コーチングビジネスに関していうと、
だいぶ、マニアックなコンテンツも用意しているし、

仮にクライアントさんから何かを求められて、
それが用意できていないなら直ぐにコンテンツ化して提供できる…

という、ちょっとだけ特殊な
環境に身を置けていると言えるでしょう…

そして、そもそもなぜ、
僕のことをズラズラと書かせてもらっているのかというと、

最近、このような質問を多く受けるからなのです。

その質問とはこんなことです。

「会社員がいきなり会社を辞めて、
専業でコーチングビジネスを始めちゃダメなのか?」

と。。。

おそらくなのですが、
僕が「副業コーチ専門」と肩書きを打ち出しているので、

コーチングビジネスは副業からスタートさせるもの…

と思わせてしまったのかも知れません…^^;

そして、それに対する僕の答えは、
少々乱暴に聞こえるかも知れませんが、

「どっちでもいいですよ…」

です。

こんな言い方をすると、
もしかしたら、

「石塚さん、だいぶ他人事ですね…」

と怒られてしまうかも知れませんが、
こればかりは、僕の中に正解があってないようなモノなのです。

だってそうでしょ。。。

どちらにしたって、
引き受けるチャレンジは一緒だから…

ちなみに僕は副業時代にこんな言い訳を沢山してきたんです。

それがどんな言い訳だったのかというと、

俺は、、、

副業だから時間がないんだ…

副業だからスキルが身につかないんだ…

副業だから影響力が発揮できないんだ…

と、こんなことを連発していました。

そしてさらに、
こんな言い訳も繰り返していたんです。

「もし、専業でやったら、もっと結果が出せるのではないか?」

と。。。

こればっかりは、「たられば」の話なので、

僕が副業でコーチングビジネスを始めて
直ぐに専業になっていたら、どうなっていたのかは正直分かりません。

ただ、一ついえることは、、、

あの時の僕は、

「専業でやる勇気がなかった…」

これが真実でした。

だってそでしょ。。。

何の保証もないし、
経験値がないので何も見えてなかったから…

あの時も僕の脳は、僕にこう指令をだしてきました…

「やめとけ、お前には無理だから…」

本当恥ずかしいですが、
当時の僕はそんなショボイ奴でしかなかったのです。

でも僕はあの時、こう決めたのです。

「だったら、俺は副業で絶対に成功してやると…」

そして、そうやって意気込んでも
次から次へと試練がやってきました。

オフライン集客をやっても拒絶の嵐が続いたし、

体験セッションをやっても、
相手を怒らせて途中でスカイプを切られたこともあったし、

売り込み過ぎてFacebookで叩かれたこともあったし…

散々の経験を繰り返していたので、
悔しくて、無残な思いも沢山してきました…><

でも、僕が一つだけ
持っていた特性がありました。

それが、、、

「絶対に諦めない…」

それだけでした…^^;

なので、今だから僕がいえるのは、

副業であっても、
専業であっても、

おそらく経験することは、
そんなに変わらないのかも知れません。

何が変わるのかというと成長過程において、
引き受けるチャレンジの「密度」がそれぞれ違うだけなのだと思います。

なので、、、

もしあなたが、
「副業」なのか「専業」なのかと悩んでいたりするのなら、

あなたのスタイルにあった選択を
していいのではないかと僕は思うのです。

ですが、、、
これだけは伝えさせてください。

副業だとしても、
専業だとしても、

この2つは、
絶対に欠かせないと思います。

その2つとは、

1つ目が、、、
「何がなんでもやるというコミットメント」

2つ目が、、、
「キャッシュを得るための実証済みの戦略」

これを無しにコーチングビジネスで
成功することは難しいかも知れません。

ぜひ、この2つだけは、
ちゃんと整えて新たな扉を開いて欲しいと思います。

最近、

スキル、
ノウハウ、
テクニック、

などの「方法論」よりもコーチとしての

在り方、
生き方、
考え方、

などの「マインドセット」を中心に
書いていたら思った以上に感想をいただけて、とても嬉しく思います…^^

この投稿は、読者のみなさんと
僕のとの関係性において何が価値になるのか?

と常に意識しながら書かせてもらっています。

なのでもし、あなたがこんな投稿を
書いて欲しいなどがあれば、ぜひ、ご要望をください。

文章だったり、
音声だったり、
動画だったり、

を駆使して、
あなたのためだけに投稿をさせていただきます。

お待ちしていますよぉ〜^^

では、またぁ〜!

※ご意見、ご感想、ご要望をいただけたら嬉しいです^^
>>http://yuhitoishitsuka.com/contact/

※動画コンテツはこちらへ
 副業コーチが100日間で100万円を稼ぎ、
 1年後にはコーチングビジネスで独立・起業する!
 >>http://yuhitoishitsuka.com/contents/
※期間限定でメルマガ読者様だけにスペシャルコンテンツを公開中!
 100万円副業コーチとなり、安心を確保しながら独立・起業を目指したいコーチはこちらへ
 >>http://yuhitoishitsuka.com/top-secret/
追伸
 まずは月100万円副業コーチとなり、
 いずれはコーチングで独立・起業をするための地図を手に入れる!
 >>http://yuhitoishitsuka.com/lp/

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!