手をあげないと撃つぞ!

From: 石塚友人
自宅のリビングにて、、、

「手をあげろ!」

僕の右後ろから、
そんな言葉が飛び込んできました。

昔よく刑事番組で
聞いたお決まりのセリフ。。。

黒いコートに黒縁のサングラス、
そして、髭ずらにドスのきいた声。。。

この言葉を聞くと僕は決まって、
「あぶない刑事(デカ)」を思い出します。

ですが、この時ばかりは、
様子がちょっと違っていました。

いつものイメージが
湧いてこないのです。

それもそのはずです。
その声の正体が小学生の息子だったからです^^;

そして、何気なく
振り返ると息子は鉄砲を持っています。

鉄砲とは言っても、
正確には割り箸で作った
ゴム鉄砲でした。

そして、僕が幼少期に
作ったものと比べると相当
格好良く作られていることが分かりました。

とても、小学校1年生が
作ったようには見えません。

「なにこれ、、、お前が作ったの?」
と聞くと息子は答えます。

「そうだよ!簡単だよ!
だって、説明書通りに作るだけだからね!」
と。。。

「へぇー、ちょっとパパも作ってみたい!」

といって、
僕はキッチンから割り箸を
持ってきて見よう見まねで作り始めました。

すると、息子はすかさず、
僕に突っ込みを入れてきます。

「まずはじめに、、、
これを、、、こうやって、、、
次にこうやって、、、」

息子に言わせると、
そこには、きちんとした順番と
作り方があると言うのです。。。

その時ばかりは、
小学生の息子がまるで
僕の先生に見えました^^;

そして、鉄砲作りを
どのように身につけたのか
と聞くと、どうやら学童のお兄さんに
何度も教えてもらったと言うのです。

40歳を過ぎた
ただのオッサンが、息子にナジなれ、
ちょっぴり悔しさを感じながら、

日に日に成長していく
息子に触れていることに
充実感を感じていました。

そして、充実感を
感じながら僕は割り箸の
鉄砲作りって、なんとなく、セミナー会場

やお茶会で出会った人を
どのように体験セッションまで導くのか
というやり方にちょっと似ているなぁ〜と思いました。

多くのコーチは、
相手に体験セッションを
申し込んで欲しいから、いきなり
それをストレートにオファーしてしまいます。

でも、これをやると、
相手は警戒もするし、一歩間違えると
自分が嫌われてしまうんですよね^^;

そんな事になったら、
ただの悲劇でしかありません^^;

でも、そうはならない
正しい順番で相手と関係を構築し、
相手の準備が整った時にオファーするれば、
さらっと、申し込んでくれたりするものです。

息子にナジられ、
悔しさを感じながら、
あらためて、正しい順番で
物事を進めていくことの大切さを僕は学びました!

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!