コミュニケーションの質は◯◯の質!

From: 石塚友人
自宅のリビングにて、、、

最近、
嬉しいことが僕の
身の回りで良く起こるなぁ~と
感じています。

今朝も起きて、
メールを確認していたら、
クライアントさんからまた嬉しい
知らせが届いてました。

新規契約を
また獲得したと
いうのです。

これで、
今月3契約目だと
いいます。

こういうお知らせ、
本当嬉しいです。

でも、
本当はちょっぴり、
悔しいです^^;

というのも、
僕は良く人から
「おっとりしている」

と言われるのですが、
実は、結構な負けず嫌い
だったりします。

小学生の頃、
休み時間に校庭で
サッカーや野球をやった
経験って誰にでもあると思います。

僕はあれに
負けただけでも
悔しくて泣いていました^^;

今思い返すと、
人に負けることよりも、
自分に負けた感じが嫌だったん
でしょうね^^;

話が脱線しましたが、
僕はそんな子供でした^^

さて、
話も戻すと、
そのクライアントさんの
好調要因の一つが、

体験セッションを
獲得するのに苦労していない。。。

ということです。

ではなぜ、
苦労せずにいれるのか?

そのポイントが、、、

体験セッションを
得たければ、
体験セッションを
獲得しようとしない。。。

ということなんです。

こんなことを
良く副業コーチの方に
説明すると、、、

目線を上に向け、
首を傾げてしまいます^^;

おそらく、
頭の中が???

になっている
のだと思います。

そして、

「体験セッションを
獲得したいのに、
獲得しないって、
どういうこと???」

という、
質問が返ってきます。。。

詳しくは、
今無料で配布している
マニュアルでも一部説明
していますが、

多くのコーチの
方が体験セッションまで
相手を導けないのは、

「あなたは、
体験セッションを受けなさい」

とか、

「あなたは、
体験セッションを受けた方がいい」

的な感じで、強引に
誘導してしまうからなのです。。。

考えてみてください。
人の脳は、こうしなさいと
言われた時、

少なからず、
抵抗が起こるものです。

これは、
至って正常な反応だと
思いませんか?

だって、
人の無意識は、
自然と自分を守ろうと
する訳ですから。。。

では、
どうしたら、
良いのかと思われる
たかも知れません。

答えは、
物凄く簡単なことです。

相手から、
あなたの体験セッションに
興味がある、試してみたい、
どうやったら受けることが出来るの?

という反応を
相手から引き出すだけです。

たったこれだけなのです!

そして、
コーチというのは、
本来コミュニケーションの
達人でなくてはいけません。

コミュニケーションの質は、
相手から引き出す反応の質です。

これに注意して、
やってみると良いと思います!

もし、
上手くいったら、
ご連絡くださいね!

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!