なぜ、石塚は専門家に頼るのか?

From: 石塚友人
自宅のリビングにて、、、

「お父さん、すぐ迎えにきてもらえませんか?」

ある平日の昼過ぎのことです。

携帯に電話をくれたのは、
息子を預けている学童に勤務する、
透き通るような声をした女性の先生でした。

どうやら、息子が熱を出したようです。

すぐに迎えに来てください、
と電話越しに女性の先生は語気を
強めて訴えてきました。

突如こんなことを言われて、
よその親はすぐに迎えに行くのだろうか?

どことなく、
すぐに迎えにくるのが当然だ!

みたいな態度が、
声のトーンから伝わってきました。

都内某所で仕事をしていた
僕は、早めに迎えに行きますと伝え
残務をサクサク終わらせることに。。。

そして、
急いで学童へ向かい息子とご対面。。。

見た目はいつも通りで、
何ら変わりがないように見えます。

「大丈夫か?」
と聞くと、

「うん」

とだけ息子は答えます。
どうやら、大丈夫ではなさそうです^^;

学童からの帰り道、
僕は息子と手をつないでいると、
彼の手からも発熱の度合いが伝わってきました。

「病院に行こうよ!」
と誘ってみると、、、

息子は、
チクンは嫌だ、、、
と答えます。

チクンというのは、
どうやら注射のことを
言っているようです。

そして、息子の頭の中では、
「病院=注射」という解釈のようです。

仕事柄か、、、
僕はコーチングスキルを
使って、彼の頭の中で繰り返されている、

こじれた映像を弱めたり、
削除させようと、いじってみますが、
息子の状態が良くないためか、全く機能しません^^;

僕もまだまだ、
ヒヨッコのようです。。。^^;

とにかく、
注射はしないから、
薬だけもらいに行くよ、

と言い聞かせてなんとか、
病院に連れていくことになりました。

そして、結果から先に言うと、
チクンはせずに済んだのですが、
どうやら特殊の風邪のようなものにかかり、

3日間、学校の登校を
控える必要があると医者の診断が
下されました。

その後、薬局に行き、
処方箋が出てくるのを待ちながら
僕は考えていました。

早めに医者に診て
もらってよかったなぁ~と。。。

もし、少しでも
診断してもらうことが遅かった
らさらに悪化していたかもしれないと。。。

このようなことって、
病気だけではなく僕らの
コーチングビジネスにも同じことが
言えるのかもしれません。

なので、僕は自分のビジネスの
健康状態を定期的に専門家に診断してもらい、
その症状に合った処方をお願しています。

それを繰り返すことが、
リスクを最小限に抑え、利益を
最大限にする鍵ではないかと考えているからです。

そして、
病院からの帰り道、
疲れ切った息子は寝てしまい、
重たくなった息子を抱っこしながら、

「コイツも順調に育ってくれてるなぁ~」
と僕は息子の成長を振り返っていました。

そして、
今日が息子を抱っこする最後の
日になるかもしれないなぁ~と、、、
この出来事に感謝を感じながら、帰路に
ついていました。

副業コーチ専門
クライアント獲得コンサルタント
石塚友人

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Yuhito Ishitsuka

僕は会社勤めをしながら約2年半、副業でコーチングビジネスをやってきました。制限された環境下での活動でしたので、沢山の苦労やストレスもありましたが、2016年4月に独立・起業まで辿りつくことができました。僕のこれまでの2年半の経験で得た「何が上手くいって」、「何が上手くいかないのか」について積極的にお伝えしていこうと思っています。これから、副業でコーチングビジネスをはじめようとされている方に少しでもお役に立てたなら、僕も嬉しいです。よろしくお願いします!